Hsp ラベル 命令

hsp ラベル 命令

hsp ラベル 命令



そしてこれは、HSPでは正式には「ラベル」と呼ばれています。これか らは旗という名前はやめて、ラベルと呼びましょうね。かっこいいし。 だから、6行目は「*hata3」という名前のラベルになるのです。「goto」 命令は、指定したラベルにジャンプするもの、というわけ。

HSPエディタにある「ラベル関数一覧」が常時表示されてる方が使いやすいので 作成しました。 EXEにしてオプションの外部ツールでエディタ起動時に実行する設定にしてくだ さい。 良ければ使って改良してください。 #include "hsedsdk.as" #include "user32.as" #define tl "HSPラベル・関数一 …

HSP開発wiki: Top / ラベル型 OFFICIAL/関連 . HSP ... しかし、マクロを使えばあたかもラベルを直接、命令の引数に指定したかのような記述が出来るようになります ( 下記の例を参照 )。 ちなみに、引数タイプに label を指定できますが、これは動作しないので注意してください。 あり得ない状況におけ ...

ラベル名はアスタリスク(*)の後に続く59文字(半角)以下の文字列で表す。命令や変数名と同じものにならないように注意すること。 goto命令 goto命令で実行順を変える。 mes "実行される。" goto *label mes "実行されない。" *label mes "ここは実行される。" stop

ご推察のとおり、HSPの処理単位はラベルが主体です。 buttonに限らずイベントハンドラの類はラベルジャンプで行います。 一方でラベルには引数が設定できないので、 まともなプログラムを書こうとすればこの二つの併用は避けられないと思います。 TNK. 2015/4/14(Tue) 02:35:56 | NO.68549. ご返信 ...

HSPプログラミングの『button命令』解説講座。「ボタン」オブジェクトの設置、大きさサイズを指定、ボタン上の文字列変更などのサンプルコード。標準命令にはないラジオボタンの設置、HSP3から導入されたサブルーチンジャンプ「gosub」についても。

HSPのウィンドウに画像(イメージファイル)を表示するには「picload」命令を使います。対応しているイメージファイル(画像形式)は、bmp(ビットマップ)、gif、jpg、ico(アイコン)の4つです。ファイルのパスの区切りに円記号「\」を2コで「\\」にしています。HSPのスクリプト内ではこのよう ...

上のように、goto命令で別なラベルに飛ばすことも可能です。 else命令を使って条件が満たされなかった場合の処理を書くことも可能です。 ; 例 a=10 mes "aは、" if a=10 : mes "10です。" : else : mes "10ではありません。" stop. この場合は、else命令のある部分までは、条件を満たした場合に実行され、 …

HSPでは、次の配置オブジェクトが用意されている。ここでは、その使い方について学習する。 オブジェクト名 ... ここでは、その使い方について学習する。 オブジェクト名: 命令: 機能: ボタン: button クリックすると指定ラベルのプログラムを実行する。 入力ボックス: input 1行分の数値や文字列 ...

ラベルへジャンプする方法 GoToステートメントは以下のように記述して使用します。 GoTo ラベル名 処理1 ラベル名: 処理2 この場合GoToステートメントでラベル先の処理2は実行されますが、処理1は実行されません。 それではサンプルコードで確認していきましょう。 Sub macro1() …

hsp ラベル 命令 ⭐ LINK ✅ hsp ラベル 命令

Read more about hsp ラベル 命令.

nasude.ru
40uslug.ru
kleibery.ru
mencourse.ru

Comments:
Guest
Success has a simple formula--do your best, and people may like it.
Guest

Maybe the reason so many folks have their backs to the wall is that they have been putting up too much of a front.

Guest
Don't give someone a piece of your mind unless you're ready to live with what's left.
Calendar
MoTuWeThFrStSu