K19 艦長 命令

k19 艦長 命令

k19 艦長 命令



K-219(かー219)は、ソ連海軍のナヴァガ級 弾道ミサイル原子力潜水艦(NATOコードネームは"Yankee I")の一隻である。 本艦は、16基(後に15基)のUDMHとIRFNAで推進するR-27液体燃料ミサイルを搭載し、34発の核弾頭を装備していると推測される 。. K-219は、冷戦中に発生した潜水艦事故の …

艦や乗組員を無闇に危険にさらす彼の命令に、ポレーニンは反発する。乗組員の1人デミチェフもヴォストリコフに反感を抱いており、ポレーニンに「我々の艦長は貴方だけだ」と告げる。ミサイル発射に成功した乗組員達は喜びに沸き立つが、原子炉担当のパヴェルは異変を感じていた。 休憩 ...

K19とは冷戦時代のソ連の原子力潜水艦です。 その艦長、アレクセイをハリソンフォードが演じています。 ... アレクセイ艦長は矢継ぎ早に命令を出し、事態の収拾に努めようとします。 しかし、艦長の思ったようには事は運ばず、艦員の信頼は揺らぎ始めます。 最後の一手を打つべく艦内放送 ...

彼こそが、私の艦長でした。 彼の指揮下で再び海へ出て、航海できるのであればそれは大変な名誉です。 核破壊によるホロコーストを防ぐことができたk19は、アメリカとの核戦争という最悪のシナリオを回避することに成功しました。

映画「k-19」とは 米ソ冷戦時代、ソビエト連邦の新型原子力潜水艦の事故の話 部下から慕われる元艦長の副長と新たに就任し厳しく嫌われる艦長… 度々対立する最中で起きた放射能漏れ事故 このままでは、メルトダウンを起こしてしまう 大西洋上で一刻を争う危険な作業に搭乗員らが挑む…

2002年 アメリカ 138分 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ハリソン・フォード、 リーアム・ニーソン 事故を起こした原子力潜水艦もの。 ★★☆ 試運転航海にでかけたソ連の新型原子力潜水艦k-19は、実績を上げたいという野望を抱いた艦長(ハリソン・フォード)の命令で過酷な訓練をおこなう。

アレクセイ・ボストリコフ艦長: リーアム・ニーソン (男優) ミハイル・ポレーニン副長: ピーター・サースガード (男優) 原子炉担当官ヴァディム: クリスチャン・カマルゴ (男優) 原子炉担当官パベル: ジョス・アックランド (男優) マーシャル・ゼレンソロブ: ジェームズ・フランシス・ギンティ

k19 艦長 命令 ⭐ LINK ✅ k19 艦長 命令

Read more about k19 艦長 命令.

sawert.ru
chiefauto.ru
dom2-online.ru
etosex.ru
star-consult.ru
elit-sp.ru

Comments:
Guest
How come an educational system that put so much emphasis on penmanship produced so many doctors?
Guest

The people who are hardest to convince they're ready for retirement are children at bedtime.

Guest
A bad habit is nothing more than a mistake repeated.
Calendar
MoTuWeThFrStSu